各診療のご案内

一般歯科

虫歯の治療について

歯科医院に限らず、病院に通うことは、どなたにとっても心弾むこととなりにくいものでしょう。特に歯科医院では、歯を抜いたり削ったりすることによるイヤな音や痛みを想像し、足が遠のいてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
当院では、できるだけ「抜かない」「痛くない」治療を心がけています。治療箇所周辺への部分麻酔に先立ち、表面麻酔を行い、痛みの軽減をはかっています。
ただし、痛みの感じ方には個人差がありますし、また、麻酔注射への抵抗感がおありの患者さまもいらっしゃいますので、治療方針をていねいにご説明し、患者さまのご要望をお伺いしたうえで、フレキシブルに対応します。

「どんなことをするの?」「痛いの?」……治療に先立つご不安は、どうぞ何なりとお聞かせください。患者さまのお声に耳を傾けることが、よい治療の「はじめの一歩」と考えております。

根管治療について

当院では、年齢を重ねてもなお、ご自分の歯で「噛む」ことは、お口から始まる全身の健康だけでなく、生きる喜びにもつながることと考えています。ですから、虫歯が神経にまで進行している場合も、根管治療を行うことによって、できるだけ歯を残します。

根管治療とは

かつて歯の治療は、悪くなった箇所を「削る」、ダメになった歯を「抜く」方法が主流でした。ですが現在では、できるだけ歯を残す治療方針が取られる場合がほとんどとなっています。歯を1本抜くことで、噛む力は大きく下がりますし、全身のバランスが崩れたり、健康を損なったりする可能性もあります。
根管治療とは、虫歯がC3(歯髄)以上にまで進行してしまった場合や、歯茎の神経……いわゆる歯の「根っこ」にまで達してしまった虫歯菌を取り除く治療です。非常に細い器具を使って精緻な作業を行う必要があり、高い技術を要します。
当院では、抜かずに済む場合には、極力根管治療によって対応し、患者さまの歯を守ってまいります。

抜歯について

できるだけ「抜かない」治療を前提とはしていますが、虫歯の状態やお口の状況を考慮し、抜いたほうがよいと判断される場合には、抜歯をします。当院院長は、難しい抜歯治療についても豊富な経験を積んでまいりました。

重度にまで進んでしまった虫歯についても、安心してお任せください。また、抜歯ののちは、ブリッジ、義歯、またはインプラント治療で、失われた歯の機能を補います。

歯周病について

歯周病は、30代以上の年齢になるとかなりの数の人がかかる、ごく一般的な病気です。ですが、病気の自覚症状を持つ場合があまり多くなく、治療に向かうことが難しい病気であるともいえるでしょう。皆さまがご自身の歯の健康に積極的に向き合うことが、治療と予防の方法なのです。
歯周病の予防は虫歯と同じくブラッシングによって行います。そして歯周病の発見と治療、そして予防のためには、やはり虫歯と同じく歯科医院での検診が、最もよい方法です。中年期以降の患者さまには特に、歯の痛み等がなくても歯科医院で定期的な検診をお受けになることをおすすめしています。

小児歯科

お子さまの歯を健やかに保つ

小さなお子さまのキレイな歯を、ずっと保ってあげたいと思うのは、当然の親心ですね。保護者の方のケアによって、虫歯を予防し、もしも虫歯になってしまった場合には、すぐに治してあげましょう。
といっても、特にお子さまの場合、いきなり治療に入ることはしません。歯科医院に来ること自体が初めての経験であるお子さまも多いですから、初診においては、お口の中をちょっと見るだけで終わり……そんな場合もよくあります。

まずは、歯科医院の雰囲気や歯科医師に慣れさせましょう。そして、お子さまが安心してお口を開けられる信頼関係ができてから、実際の治療に移ります。

このため、保護者の方には、大人の歯科治療に比べて、多い回数を通院していただくことになります。ですが、お子さまの生涯の歯の健康を長い目で考えるとき、「歯医者さんは怖くない。行けば、優しく、歯をキレイにしてくれるところ」とのプラスイメージを持たせてあげることは、とても大切な、大人の役割ではないでしょうか。

予防歯科

歯科は「治療」から「予防」の時代へ

「虫歯になったから歯科医院に行こう」との考えが、間違っているわけではありません。虫歯になってしまったら、治療が最優先になります。
ですが、本当の意味での「歯の健康」を願うならば、虫歯になる前に歯科医院に行こう」とお考えいただいたほうがよいでしょう。

当院では、「虫歯になりにくいお口の環境づくり」のお手伝いをしています。予防歯科の基本は、なんといってもご家庭でのブラッシング。当院にて、治療や検診の際、お口に合った歯ブラシの選び方や、ブラッシング方法をお教えしています。フッ素配合など、虫歯や歯周病予防に効果的な歯みがき剤等もご用意しています。お気軽にお尋ねください。

歯科衛生士担当制

当院では歯科衛生士の担当制を導入しております。患者様の口腔内を維持する為には、同じ歯科衛生士でなければ変化に気づくことができません。

また、毎回担当が変わらないことによって、緊張せずリラックスして治療を受けることができます。

「また通いたい」と思っていただけるよう、歯科衛生士一同心よりお待ちしております。

数か月に一度はクリニックでお口のチェックを

虫歯がなくなったら、その健康な状態を保つことが大切です。当院で虫歯の治療を終えられた方に、お口の状態を考慮して、定期検診をおすすめするハガキをお送りしています。ぜひ、歯科医師によるお口のチェックと、クリーニングをお受けください。
もちろん、痛みなどが出ていなくても、検診のみでのご来院も歓迎いたします。自覚症状のない虫歯や歯周病の発見は、歯科医師の診察を受けるのが一番ですよ。

お子さまの虫歯予防について

当院では、お子さまの虫歯予防にも力を入れています。小さなころから、歯のチェックのために歯科医院に通うことを習慣づけていれば、虫歯になる可能性は大変低くなるでしょう。当院では、院長をはじめ全スタッフが、お子さまに歯科医院への抵抗感を抱かせないよう、最大限に配慮しております。
虫歯の有無や歯みがきの仕上がり等をチェックし、必要に応じフッ素やシーラントを塗布し、歯みがき指導をいたします。

お子さまの食生活ほか生活習慣など、歯と成長にまつわること、何でもご相談くださいね。

矯正歯科

歯並びや咬み合わせの不具合は、見た目だけでなく、健康状態にも影響を及ぼすものです。矯正のご希望や、お子さまの歯並びについて気掛かりな点など、どうぞ院長にご相談ください。

また、当院では、毎月第2土曜日に、矯正歯科の専門医が担当いたします。診察をご希望の方は、ご予約のうえお越しください。より専門的な診察と、矯正の必要の有無、考えうる治療方法等、より詳しくおこたえいたします。

歯科口腔外科

歯だけでなく、お口や顎のお悩みも、当院にご相談ください。

  • 親知らずの抜歯
  • 顎関節症

等、口腔外科治療につきましても、親身に行っております。

治るまでの期間の予想等、お口の状況や治療プランをていねいにご説明したうえで、治療してまいります。

インプラント

歯が失われたときの治療方法は、大きく分けて以下の3つです。

  • ブリッジ
  • 入れ歯
  • インプラント

近年では、顎の骨に人工歯根を埋め込み人工の歯をかぶせる、インプラント治療が注目を集めています。ご自身の骨にシッカリと装着されるため、見た目や噛み心地等の自然さが期待できます。

ただし、それぞれの治療方法に、メリット/デメリットがあります。お口の状態や患者さまの健康状態、ライフステージ、料金やアフターケアのご負担等々から、専門医が総合的に判断し、最もおすすめできる治療をご案内いたします。患者さまのご希望に添わない治療を進めることは決してありません。

 ブリッジ義歯インプラント
  保険適用 保険適用 自費 自費
治療概要 失われた歯の両隣の歯を削り、橋渡しをして人工の歯を装着する。 金属バネ(クラスプ)を装着するタイプのプラスチック義歯を作成する。 ホワイトクラスプ、シリコーン、樹脂等、複数の素材から選択し、義歯を作成する。 人工歯根を作成して顎の骨に埋め込んだうえで、人口の歯をかぶせる。
メリット 目立たず、噛み心地に違和感が少ない。 安価である。 金属を使用しない白い素材で有れば目立ちにくい。
保険の義歯に比べ、噛み心地や装着感が向上する。
見た目・装着感・噛み心地のいずれも、自身の歯に近づけられる。
デメリット 左右の歯を削る必要がある。
奥歯には保険適用内白い素材を使えず金属素材となる。
見た目や咬み心地の面で、不自然さがある。 保険の義歯に比べ料金負担が上がる。
  • 比較的高価である。
  • お口や全身の健康状態によって必ずしもすすめられない場合がある。
  • 歯肉を切開する手術を要する。
治療期間 数回の通院 ケースによる ケースによる 3ヶ月から1年程度
費用 保険負担 保険負担 自費負担 自費負担

ホワイトニング

いっそう輝く歯のために、ホームホワイトニング治療を行っています。毎日お口でケア用品を装着していただきます。使用方法はていねいにご指導いたします。個人差はありますが、およそ2週間程度で効果が出てきます。

虫歯の治療が完了し、お口の汚れを取り除いたタイミングでのホワイトニングがオススメです。嗜好品等による色素沈着ほか歯の黒ずみを除去すれば、歯をキレイに保つモチベーションもup!

  • Doctor File